在庫なし!?ベジライフ酵素液の薬局での販売状況とは

 

ベジライフ酵素液やはり実物がどんなものか、はたまた安全面についても気になるところです。

 

近所の薬局で取り扱いがあれば、薬剤師に相談できて信頼できそうですよね。

 

今回は薬局での取り扱いがあるのかどうか、で問題はないのか徹底調査していきますよ。

 

最後までぜひチェックしてくださいね。

 

薬局での取り扱いはあるの?

 

今のところ、残念ながら薬局での取り扱いはありませんでした。

 

現時点では、ベジライフ酵素液はオンラインショッピングでのみ取り扱いがあるようです。

 

薬局に行けば、その他の類似商品である酵素ドリンクが見つかるかもしれませんが、ベジライフ酵素液とは全く異なるものです。

 

似ているから購入してもいいかな?効果も似たようなものかな?と思ってしまいますよね。

 

しかし、メーカー・商品内容・効能について全く別ものになりますので、あらかじめ注意しましょう。

 

気になる安全面!チェックしておきたい3大ポイントとは

 

 

ベジライフ酵素液は、なんといっても栄養豊富

 

世界各国から90種類もの野草・野菜・果物などを厳選し、乳酸菌や酵母菌、麹菌などで発酵熟成させ、植物発酵エキスをぎっしり濃縮したベジライフ酵素液。

 

その熟成発酵期間は3年半と長期に渡ることから、丹精込めて作られた分いかに高品質であるかがわかりますね。

 

ベジライフ酵素液は1杯(20mlあたり)たった14.2kcalと低カロリーながら、私たちに必要不可欠な酵素やビタミン、ミネラル、食物繊維などをしっかり補給できる、栄養満点のドリンクなんです。

 

ベジライフ酵素液の成分は、安全安心

 

公式サイトでは、下記のように記載があります。

 

「原材料名:植物発酵エキス(野草類、野菜類、果実類、海藻類、糖類を含む)、リンゴ酸、保存料(安息香酸Na)」

 

リンゴ酸と、保存料である安息香酸Naですが、どういったものなのでしょうか?
さっそく見ていきましょう。

 

リンゴ酸

酸味料として使用されることが多く、後味がさっぱりしていることが特徴です。

 

クエン酸に次いで一般的に使用されることが多く、比較的安全な添加物と言えます。

 

安息香酸Na

保存料として使用され、細菌やカビの繁殖を防ぐ効果があります。

 

清涼飲料水で使用する場合、現在食品衛生法で0.60と定められており、流通している他の飲料水と何ら変わりありません。

 

よって、こちらも安全性において問題なしと言えます。

 

第三者機関で、痩身効果・安全性において実証済み

 

薬事法に関連する学識経験者、実務経験者によって構成されるLLP(有限責任事業組合)が一般募集した試験において、診療と医薬・第50巻(2013年5月)では下記のような記載があります。

 

野菜酵素液「ベジライフ酵素液」は痩身効果ありと判断され、

 

また安全性について問題がないものと考えられた。

 

このことからベジライフ酵素液は、痩身効果が確実にあること、さらに安全面でも信頼が置けることがわかりますね。

 

高品質さ、痩身効果、安心の3つを兼ね備えたベジライフ酵素液だからこそ、各方面で高い評価を受けてきたのです。

 

ダイエットをするからには安全性を何より重視したいあなたにも、オススメですよ。

 

薬局で売ってない?!どこなら購入できるの? 

 

現在、大手通販であるAmazon、楽天、公式サイトでの購入が可能です。

 

3つもあるので、なんだか迷ってしまいますよね。

 

しかし、トラブルなく最安値で購入できることや、豪華特典やアフターフォローが充実していることから、公式サイトでの購入がオススメです。

 

さらに、定期購入の2本セットであれば22%オフで購入することができ、初回利用にかぎり30日間返金保証制度付きなので、万が一体に合わない場合も安心です。

 

毎日飲むものだからこそ、きちんと信頼のおける公式サイトから購入したいものですね。

 

さいごに

 

ベジライフ酵素液は、残念ながら今のところ薬局での取り扱いはありませんでした。

 

しかし、安全面については信頼のおける酵素ドリンクであることがわかりましたね。

 

急激なダイエットを期待するのではなく、あくまで体の内側から補正して健康な体へ導くものなので、リスクについては全く心配ないようです。

 

体にやさしい酵素ドリンクなので年齢問わず、安心して毎日飲み続けられそうです。

 

この機会に、ベジライフ酵素液で健康生活を始めてみませんか?

 

きっとこれからは、清々しい朝を迎えられるでしょう。